「ポエジーPoesie・ピアノ詩・トロイメライ」ー高田いちえ 1stアルバムCD

新商品 おすすめ商品

¥ 2,500 税込

加算ポイント:24pt

商品コード: iscart001 ~ iscart002

関連カテゴリ

  1. 音楽
  1. 音楽
  2. CD
数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ファーストアルバムに寄せて
浪漫の時代を駆け抜けピアノに焦がれた二人の詩人に捧げる『天使の詩』
情感あふれる美しい音色を奏でる高田いちえが音楽を愛する全ての人へ贈る『ポエジー』
◆シューマン:『人間の心の奥底へ光を送ること―これが芸術家の使命である。』
◆ショパン:『自分の耳が許す音だけが音楽である。』

<収録曲>
ロベルト・シューマン (1810 -1856)
1.見知らぬ国から
2.不思議なお話し
3.鬼ごっこ
4.おねだり
5.十分に幸せ
6.重大な出来事
7.トロイメライ
8.暖炉のそばで
9.木馬の騎士
10.むきになって
11.こわがらせ
12.眠りに入る子供
13.詩人は語る
ーーー
14.アラベスク ハ長調 作品18
ーーー
フレデリック・ショパン (1810 -1849)
15.ノクターン第1番 変ロ短調 作品9-1
16.ノクターン第2番 変ホ長調 作品9-2
17.ノクターン第20番 嬰ハ短調「遺作」
18.雨だれの前奏曲 24の前奏曲第15番 変ニ長調 作品28-15
19.ワルツ第9番:変イ長調「告別」作品69-1
20.幻想即興曲 嬰ハ短調「遺作」作品66
21.別れの曲 12の練習曲第3番 ホ長調 作品10-3

ネコポスもしくはレターパックライトの場合は2枚まで、宅急便コンパクトの場合は10枚まで同梱可能です。
この商品のレビュー ★★★★★ (5)
この商品のレビュー ★★★★★

2018/02/14 清水さん ★★★★★

美しいピアノの世界

美しが何かと問われたら、多くの人は、答えに窮すると思います。

それは、言葉では表せない世界。

しかし、誰もが経験し、その感触や「そのこと」を知っている世界。

ここには、その世界があります。

聴いたその時から、その世界に魅力されました。

ピアノの音、シューマンの想い。ショパンの声。
シューマンの文学性とも言える、旋律の織りなす空間と時間。
それらが、言葉にならない詩となって聴く人の心に水彩画のように淡く深く、いつしか色濃く滲んでいく。

そんな素敵な時間を過ごすことの出来る世界がここにはあります。


美しい、
とはどういうことか、
その答えを感じさせてくれる演奏です。

ぜひ、多くの方に、この演奏を聴いていただきたいものです。

2018/02/05 素人さん ★★★★★

普段クラシック音楽は聴きませんでしたが。。。

あるきっかけでこのCDを購入。
聴いてみるととても良いです。曲名は知らなかったけど聴いてみると知ってる曲がいくつかあって、ついつい聴き入ってます。トロイメライは子供のころ毎日目覚まし時計からオルゴール調で聴いてた曲でした。
クラシック音楽は今まで敬遠しがちでしたが、ぜんぜん聴けます。
奏者の演奏が良いのかどうかは、素人なので良く分かりませんが、聴いてると心地よくなります。
渋滞の中での運転中や、通勤ラッシュの電車で聴いてると、イライラが和らぐ感じです。
クラシックはあんまり・・・という人でも、抵抗なく聴けるCDだと思います。
ピアノのCDなので当然ピアノの音だけしか聴こえてこないのですが、
曲によってか演奏の仕方なのかは、相変わらず良く分かりませんが、いろんな音に聴こえたりもするので
ピアノってすごいなぁと(ピアノを弾く人がすごいのか?)改めて思ってしまいます。

2017/12/18 種田尚史さん ★★★★★

音楽と対話できる時間

私はこのピアニストの演奏に触れるとき、いつも不思議な感覚に包まれます。
それは、ピアノの音しかしないはずなのに、まるで母に物語や子守唄を聴かせてもらっている錯覚にとらわれるからです。
幼い頃の気持ちを思い出させる「子供の情景」。中でもこのCDのタイトルになっている「トロイメライ」ではピアノの表現できるピアニッシモの限界まで美しさが追求されています。それは単に「弱く」ではない芯と深みのある響きによって一点の輝きを感じられます。
そして、まるで何本もの糸を紡ぎ出し複雑でありながらも繊細鮮やかに織物が出来上がる様なシューマニズムが感じられる「アラベスク」。
一方、その旋律で強いメッセージが語られるショパン珠玉の数々では作品の魅力を余すことなく表現されています。
お気に入りはノクターン作品9-1です。
どんどん深みに吸い込まれていくような幅広い響きは何度聴いてもそのたびに新しい感動を覚えます。
二人の作曲家と対話ができる。
自分にとって大切な一枚です。

2017/12/17 たろささん ★★★★★

夢見心地

構成が良く、全体のムードに統一感があります。しかしクライマックスを迎える「遺作」は情熱的で、そして「別れの曲」はその流れから静かすぎない優しすぎない力強さのあるドラマチックなラスト。奏者の熱が伝わってきます。

2017/12/12 ぽちこさん ★★★★☆

シューマンが

大好きなシューマンとショパンが収録されているので購入させていただきました。
シューマンの『子供の情景』は特にすばらしい!その中でも"眠りに入る子供"は特に感動してリピートして聴き続けています。
精神安定剤になります。
このピアニストはシューマンが得意レパートリーと感じましたが、とくにこのゆったりとした持っていきかた、歌い方は独特ですごいです。

▲トップへ戻る